エラ削りについてのあれこれ。

近年になり、整形を希望する人が増えました。技術の進歩もあり、安全性も高くなっています。女性であれば、いつまでもきれいでいたいという願望があるのは当然です。逆にコンプレックスがあるために諦めてしまっている女性もいます。それを解消してくれる存在でもあります。その中でもエラ削りという方法が注目されています。エラが張っていることで顔が大きく見えてしまったり、自分自身が気になって仕方ないという人も少なくありません。ダイエットなどと違い、痩せたからといって解消されるものでもありません。そこでエラ削りとなるわけですが、ほとんどのところではバランスを考えた施術をしてもらえます。施術方法としては全身麻酔をし、口の中からアプローチします。そのため痛みを感じることはありませんし、傷口も気にならないことになります。カウンセリングで疑問なところも聞けますし、施術が終われば理想の自分になれます。

美容整形のエラ削りで小顔になる

顔のエラの部分が目立つことが悩みという人がいます。このような悩みは、美容整形のエラ削りによって解消することができます。この方法は、口の中から機械を入れて、顎の骨を削ります。そのため施術後の傷跡が目立たないという特徴があります。近年では、小顔にするために、このエラ削りを希望する人も増えています。手術は、全身麻酔をして行うので施術中に痛みを感じることはありません。腫れや痛みは、2週間から1ヵ月程度で完全に治るケースが多くなっています。骨の削り具合によってフェイスラインが変わるため、事前にカウンセリングが行われます。また、血液検査など、手術に必要な検査も行われます。手術自体は2~3時間前後でできます。通常、1日から数日間入院が必要となります。エラ削りは骨を削るため、一回手術をすると、その効果がずっと続くということもメリットとなります。

エラ削りをするなら医師をきちんと選ぶことです

あごのエラ部分を削ることで、顔の印象を変えることができます。ただし、技量が高い医師を見つけることが必要になります。エラ削りは一度やってしまうと元に戻すことは不可能になってしまいますので、慎重に選ぶことを忘れてはいけません。小顔にすることができますが、きちんとした技術をもった医師にやってもらうことが必須条件といえます。レントゲンをとり手術内容までしっかりと教えてくれる医師ならば、技術だけではなく経験もしっかりあると判断することができます。あとは料金などから判断すれば問題ありません。エラ削りを行う場合は、百万円程度が相場になっています。安すぎず高すぎないところを見つけることです。エラ削りが終わった後は、腫れることが多いですが一週間程度で改善する可能性が高いです。きちんとした手術を受ければ、顔の悩みを解消することができます。